コラム|北九州市小倉南区で歯科をお探しの方は【けいデンタルクリニック】まで

憧れの白い歯!セラミックとホワイトニング、治療の順番は?

2022年6月2日(木)

こんにちは。
 
北九州市小倉南区の「けいデンタルクリニック」です。
 
 
セラミックホワイトニングは、どちらも歯を白くキレイにする治療法ですが、治療の順番をご存じですか?
 
順番を間違えると、二度手間になったり費用が多くかかったりします。
 
後悔しないためにも、正しい治療の順番を知っておきましょう。
 
 

セラミック治療とホワイトニングとは?

まず、セラミック治療とホワイトニングについて簡単に説明します。
 
セラミック治療は、むし歯などで歯を削った部分を、同じ色調のセラミックで補う治療法です。
 
銀歯と違い、自分の歯に近い白い歯を入れることができます。
 
ホワイトニングは、歯の黄ばみ部分を削るのではなく、薬剤で白くする治療法です。
 
院内で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行える「ホームホワイトニング」の2種類があります。
 
 

ホワイトニング→セラミックの順に行いましょう

治療は、ホワイトニング→セラミックの順に行いましょう。
 
その理由は、ホワイトニングは色の調整が難しいという欠点があるからです。
 
ホワイトニングによってどのぐらい歯が白くなるかは個人差がありますので、実際にやってみないとはっきりわからないのです。
 
もし、適当な白さを選んでセラミック治療をした後にホワイトニングをしても、セラミックの人工歯の色までまわりの歯が白くなるかどうかはわかりません。
 
セラミックはホワイトニングによって白くなった歯の色に合わせることができますので、ホワイトニングの後でも大丈夫です。
 
しかし何度も調整することはできないため、1回で仕上げる必要があります。
 
また、ホワイトニングの薬剤の効果が出るのは天然の歯だけで、セラミックのような人工歯は白くなりません。
 
この事実も、ホワイトニングを先にしてセラミック治療を後にする理由のひとつです。
 
ホワイトニングを繰り返すことで、歯は段階的に白くなっていきますので、どの程度の白さがいいのか見極める必要があります。
 
自分が納得できる白さになってから、セラミック治療を行うといいでしょう。
 
 

「ポリリン酸ホワイトニング」と「セレック」を導入

「けいデンタルクリニック」では、歯や歯ぐきへの刺激が少ない「ポリリン酸ホワイトニング」を行っています。
 
歯周病やむし歯の予防効果や、歯の表面のクリーニング効果が期待できる方法です。
 
セラミック治療には、高精度の被せ物を作成できる「セレック」システムを導入し、費用や期間を抑えた治療に努めています。
 
ホワイトニング、セラミック治療、もしくは両方の治療を考えている方は、お気軽にご相談ください。


ジルコニア
クラウン
4.4万円