コラム|北九州市小倉南区で歯科をお探しの方は【けいデンタルクリニック】まで

目立つ銀歯を白い歯に変えたら、体調不良が改善!?

2021年11月2日(火)

こんにちは。
 
北九州市小倉南区の「けいデンタルクリニック」です。
 
 
銀歯を使用している人が「どうも最近体調が悪いな~」と悩むことがあるなら、もしかすると銀歯が原因なのかもしれません。
 
明確になっていない部分は多いものの、セラミックに替えたことで体調不良が改善されたケースもあり、銀歯に含まれている金属が、身体に悪い影響をもたらしているのではないかといわれているのです。
 
 

銀歯をセラミックに交換する人が増加中!

近年では、銀歯をセラミックに交換する人が増えています。
 
もっとも、これは「銀歯は目立つからイヤ」という理由から、審美性の高いセラミックに交換するパターンが多いのですが、交換と同時に体調不良が改善されたという意見を耳にします。
 
実際、セラミックは身体に優しい素材ですし、歯垢が付着しづらくむし歯の再発を防ぎやすいことから、健康面においてもメリットの多い素材といえるのです。
 
 

金属アレルギーが起こっている可能性も?

そもそも、なぜ体調不良の原因が銀歯かもしれないと思われるようになったのでしょうか。
 
その理由は、金属アレルギーです。
 
金属アレルギーとは、水分に触れてイオン化した金属が、体内のタンパク質と結びつくことで起こる症状なのですが、銀歯は常に唾液に触れた状態になっていますよね。
 
そのためイオン化しやすく、さらに素材の中には金属アレルギーが起こりやすいパラジウムを含んでいるため、銀歯の使用によって金属アレルギーが起こっている可能性があるのです。
 
 

銀歯の使用が禁止されている国もある

金属アレルギーや銀歯による体調不良については、原因不明な部分が多いのも事実です。
 
しかし、海外では銀歯に含まれる成分が金属アレルギーの原因となっていることが危惧されており、ドイツやスウェーデンでは銀歯の使用が禁止されています。
 
日本では一般的な銀歯ですが、世界を基準に考えると、歯科で銀歯を使用している日本に対して驚きを感じる人が多いようです。
 
 
現在では、金属アレルギーや銀歯の問題についてまだ分かっていない部分も多いため、今回の解説はあくまでも可能性の範囲です。
 
ただ、それ以外の要素においても銀歯にはむし歯が再発しやすいなどのデメリットがあるため、セラミックへの交換はこのようなデメリットの解消にもつながります。
 
 
けいデンタルクリニックでは、セラミックでありながら強度に優れたジルコニアも取り扱っています。
 
銀歯に不安を感じた方はぜひ一度ご相談ください。


ジルコニア
クラウン
4.4万円